プロの世界へもう一歩近づきたい方は、エキスパートクラスへ。「プロの声優や役者を目指して勉強をしてきたけれど、なかなか思い通りにいかない」「会社や学校があるので昼間の時間帯はレッスンに通えない」方、歓迎します。

<注意事項>
※新型コロナウイルス感染症防止に伴い、レッスン内容に変更が生じることがあります。予めご了承ください。
 

テクニック

基礎を重視した繰り返しの発声と滑舌トレーニング。正しいアクセント、鼻濁音、無声化などを細かく見直すことで美しい日本語を学び、同時に表現の幅を広げるための技術を身に付けます。

感情表現

演じるためにはまず、気持ちが動くことが重要です。感情や五感の記憶のトレーニングを行い、よりリアルで、より深い表現を目指します。

演技

身体を使って演技する、その延長線上に声の演技があります。声優にとって最も重要なことです。感情と技術を総合的に駆使することで、演技のスキルアップを図ります。またエチュードを通して、瞬発力や理解力を磨きます。

朗読

台本と向き合うことで、文章読解やキャラクター構築といった準備作業を行います。そして実際に声に出して演技します。役者としての豊かな感性、想像力を磨きます。

MCトレーニング

イベントやライブでのMC、ラジオのパーソナリティーなどを想定したフリートークのトレーニング。トークは個性をアピールする手段としても非常に有効です。

ボイストレーニング

(マンツーマンレッスン) 歌は声優を目指す上で欠かすことの出来ない大事な要素。歌唱で使う発声をトレーニングします。また、歌の発声と喋る発声の違いを体感し、より感情を伝えられる声を目指します。(別途有料によるボイトレ講師陣のレッスンとなります)

アフレコ実習

アニメのアフレコや外画の吹き替えなどの現場と同様に、映像を見ながらマイク前で演技します。マイクに対する声の乗りや音圧などを試行錯誤し、マイクを通した様々な声の表現力を磨きます。プロ仕様の機材で収録し、チェックすることで、自分のパフォーマンスを自分で判断する能力を養います。また、現場で役立つマイクワークの習得も目指します。

ナレーション実習

ナレーションの現場では非常に高度なテクニックを要求されます。説得力のあるナレーションを目指して、基礎的なテクニックの組み合わせや応用技術を身に付けます。また、現場で役立つ初見読みも強化します。実際に映像を見ながらプロ仕様の機材で収録し、客観的にチェックすることで、想像と実際のギャップを埋めていきます。

ラジオ実習

進行台本に則って、本物のラジオ番組と同様の番組作りに挑戦します。刻々と変化していく状況へ対応する力を身に付けます。フリートークはもちろん、企画コーナー、ゲストコーナーなど、多彩でバラエティ色溢れる楽しいラジオを収録、ネット配信を目指します。

公演発表

自分のパフォーマンスを観客に見てもらうことは、プロになる上でも非常に大切なことです。また現場では、チームでひとつの作品を作るための協調性も必要となります。半年間の集大成として、ボイスドラマや朗読劇などの発表を行います。なお、ボイトレ受講者は、歌のパフォーマンス発表にもチャレンジできます。

課外実習

プロの公演やライブの裏方を手伝いながら現場を学びます。
 
声優コース概要ページへ戻る